コインチェックからTREZOR(ハードウェアウォレット)に送金する方法


いそっち

こんにちは、いそっちです。
2013年から、5年くらい仮想通貨をほったらかし投資しています。
コインチェック(Coincheck)を使っていた人は、朗報ですね。

ついにコインチェックから一部の仮想通貨(BTC・BCH・ETH・ETC・LTC・XRP)の

引き出しが再開しました。

万歳をして喜ぶ人のイラスト(男性)

というわけで、今回は実際に仮想通貨の引き出しをやってみたいと思います。

引き出す先は、安全性が高いといわれるハードウェアウォレット。

なお、ハードウェアウォレットの安全性については、こちらの記事を御覧ください。

【初心者の方へ】仮想通貨のベストな保管方法とは?ハードウェアウォレット購入のススメ

 

引き出しは簡単ですが、間違えると2度とお金を引き出せなくなります!!!
よく確認して試してみましょう!!!

条件など

 

今回、

引き出し元:   コインチェックのウォレット

引き出し先:   TREZORのウォレット

引き出す仮想通貨:ビットコイン(BTC)

で引き出しを試してみます。

 

別のウォレット・仮想通貨でも基本的には同じですので、参考にしてください。

 

実際にやってみる

 

以下の通り、手順に沿って送金してみましょう。

 

送金先のアドレスを確認しよう

 

1.まずはTREZORをPCに挿して、ログインしてみます。

 

2.BTCの確認画面に飛びます。

仮想通貨の種類を確認してから、アドレスを表示させましょう。

 

3.TREZOR本体とPCに同じウォレットアドレスが表示されればOK

TREZOR本体とPCに、同じ番号の「アドレス」が表示されているはず。

OKであれば、PCに表示されたアドレスをコピーしてから、TREZORのボタンを押します。

 

コインチェックに送金アドレスを登録しよう

 

4.コインチェックにログインし、引き出し画面に移動

いまから、さっきコピーしたアドレスを「送金リスト」に追加します。

 

5.アドレス入力欄に、さっきのアドレスを入力

ラベルはなんでもOK。

ラベルと宛先のアドレスを入力したら、「追加」!

 

6.表示されるアドレスがあっているかを確認

間違いなければ、「保存」を押しましょう。

コインチェックの送金処理をしよう

 

7.送金先のアドレスを選択→送金

送金先アドレス、送金したい金額を入力したら、送金です!

 

8.確認画面がでます

確認画面で「OK」。

その後、ログインのときと同様の2段階認証の画面も出ます。

認証番号をきちんと入力すれば、手続完了です。

 

 

ただ、ここまでやっても、すぐに送金処理が完了するわけではありません。

(ビットコインの取引は、最低でも10分かかるし、

間違いなく登録されていることを確認するなどで、もっとかかる。)

 

しばらくすれば送金が無事に完了します。

送金結果を早く確認したい場合は、

「ブロックチェーンエクスプローラ」でトランザクションを

検索してみるのをおすすめします。

https://blockchain.info/ja

 

はじめは抵抗あるかもしれませんが、ここでトランザクションを検索しても、

自分のコインが誰かに取られたりすることはありません。

(トランザクションから秘密鍵の情報を割り出すのは不可能なため)

 

終わりに

 

 

以上でコインチェックからTREZORへの送金は完了です。

簡単なはずですが・・・・

 

ただ、人間、どこでミスをするかわかりません。

大金を移動するのであれば、もしものときに備えて、

一度少額をテスト送信してみるのをおすすめします。

 

僕はと言えば、もうこうした送金は何十回もやっていますが、

それでも毎回怖くてハラハラするので、

何度もウォレットのアドレスを確認しながらやっています。

 

というわけで、送金は注意が必要です。

お金を失わないよう、慎重に手続きしましょう!

 

それでは!

いそっち

読んでいただきありがとうございました。
ツイッターもやっているので、よかったらフォローをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。