マウントゴックス砲によるBTC売り処分はそろそろ終了?→途中結果

マウントゴックス問題


いそっち

こんにちは、いそっちです。
2013年から、5年くらい仮想通貨をほったらかし投資しています。
この記事を最初に書いた3月前半は、仮想通貨界隈にとって大ニュースが連続していました。

  • バイナンス(Binance)へのハッキング
  • 金融庁から仮想通貨交換業社への一斉命令
  • 米SCEが仮想通貨規制
  • コインチェックがNEM補償を翌週実施と発表

ただ、僕はそれらと同時に発覚した「マウントゴックスの精算問題」が特に気になっています。

僕も2014年当時のGOX被害者であり、マウントゴックスのお金の動きに敏感になっている、というのが、その理由です。

※実際、このマウントゴックスの問題は今(6月)に至るまで数カ月に渡り、尾を引いてしまっています。

 

そんなこんなで、「昨年末から3月にかけて」マウントゴックスに起こったことを、下にサクッと書いてみます。

5/30追記

こちらのニュースに関しては、最初に記事を書いた後、かなり事態が進展しています。

まだ真実がどうかはわかりませんが、僕の当初の予想と違う動きの可能性もあります。

(追記分は、本文の最初に挿入しました。「追記」と書いてある内容です)

(5/30追記)検証・マウントゴックスのその後

下で「マウントゴックスはもうそんなにビットコインを売らないんじゃない?」と僕は予想しました。(3月時点)

売るとしても、少量(多くて数十億円)のBTCではないかと。

ですが、実際には3月以降、巨額なBTCがマウントゴックスのウォレットから動いています。

その金額、およそ百数十億円分

これが売却目的なのかはまだわかりません。実際に、売却がされたのかどうかも不明です。

今後、この資金移動がなぜ行われたかが明らかになると思います。

仮に多額の売却が行われたとしたら、残念です。

(追記終わり)

マウントゴックス砲で400億円以上放出(12月から3月)

「マウントゴックス砲が12月から連発していた」とタイトルに書きました。

要するに、マウントゴックスの持っているビットコイン数十万BTCが、徐々に市場に流されていたことが明らかになりました。

これで約400億円分のビットコインが市場に放出されたことになります。

こちらのニュースを読むと、マウントゴックスは12月から数回に渡ってコインが売却していたことがわかります。

 

また、ブルームバーグの報道によると、今後さらに、

マウントゴックスが持つ時価2000億円のコインが放出されていくと伝えられています。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-07/P581256TTDS201

 

このブルームバーグの記事を見ると、

このあと2000億円の放出が待ち構えている」ような気がしてきます。

 

飛んで行くお金のイラスト(円)

ブルームバーグは脅しすぎです

ブルームバーグはこのように言っていますが、それはなさそうだと僕は思います。今後は僅かな放出はあるものの、そうだとしても少額にとどまると思いました。

 

別に、僕の意見というわけではなくて、マウントゴックスから発表された情報をきちんと読むとそんなふうにしか見えないのです。

ブルームバーグは少し煽りすぎだと思いました。

「MTGOX」の画像検索結果

そして、今回のマウントゴックスの動きに僕が注目しているのは、これが同時に、いまだ続くマウントゴックス事件の、最終決着までの大きな布石ともなると思うからです。

そのあたり、事件のこれまでの経緯も含めながら考えていきたいと思います。

 

マウントゴックス事件、これまでの流れ

マウントゴックス事件の詳細については、僕が以前に書いたこちらの記事をご覧ください。

コインチェックのNEM盗難を受けて振り返る、マウントゴックス事件

要は、1月のコインチェック事件のように、日本にあったマウントゴックスという取引所から75万BTC分のビットコインが盗まれたよ、という話です。

ただし、後日談が長いのがマウントゴックス事件。なんと事件は今も進行中なのです……

この話に触れないと、今回の話題も語れませんので、順番にまとめていきたいと思います。

破産申請から、コイン発見へ

マウントゴックスが破産申請した後、20万BTCが、会社が管理する別のウォレットに残っているのが発見されました。

何かを発見して驚く人たちのイラスト

これで顧客の資産(75万BTC)を全額補償できる訳ではないですが、それでも少しは返せる。

そんなわけでマウントゴックスはその後、破産管財人である小林弁護士のもとで、債権者への分配のため、破産手続きを進めることになりました。

 

そして、時が過ぎ……

手続きがまだ終わっていない。(笑)

2014年に倒産し18年になったので、4年間に渡り手続きが続いている計算です。

時間かかりますね…

 

一部、仕事が遅いとか詐欺とか言っている人がいますが、

これだけの膨大な債権者がいて、個別で起こされた訴訟にも対応しているそうなので、相応の時間がかかるのは当たり前だと、僕は思います。

まさかの破産→民事再生への切り替え

ただ、マウントゴックス事件は、去年の年末になって動きがありました。

ビットコインの価格が高騰して、なんと(円ベースにすれば)当時の顧客に全額を返せるようになってしまったのですw

 

「MTGOX」が民事再生へ ビットコイン高騰で資産価値が上昇、負債額上回る(産経新聞)

 

どういうことかというと、僕はよく知らなかったのですが、

  • 「破産」だと株主である代表者に分配金が多く渡る
  • 「民事再生」へ切り替えれば、債権者に返せるお金が増える

という理由があるらしいです。

そういうわけで去年の年末に、一部の債権者(元ユーザー)が、マウントゴックスに民事再生への手続き切り替えを申請。

それが、今回のビットコイン大量売却がつながってきます。

ビットコイン大量売却の理由

破産管財人の小林弁護士は、3月7日、MTGOXのホームページ上で発表した報告資料で、保有分の仮想通貨を一部売却したことを伝えました。

 

それによると、マウントゴックスが今回売却したのは

ビットコイン35,841BTCと、ビットコインキャッシュ34,008BCH。

平均売却価格はBTC:106万7900円、BCH:13万9900円となります。

 

ちなみに、マウントゴックスに残っている仮想通貨ですが、ビットコインは残り166,344BTCとのこと。

 

なぜ今回、マウントゴックスがこんな大規模にビットコインを売却したのか、疑問に思いましたが、資料を見ると、その理由と取れる内容が記載されています。

資料・書類の入った封筒のイラスト

それによると、マウントゴックスが「破産」から「民事再生」に切り替えするには、「債権者へ確実に返せる資金を確保」することが必要らしい。

つまり、今回のマウントゴックスによる仮想通貨売却は、民事再生への切り替えに必要なだけの日本円を手にするため、ということだということです。

実際、マウントゴックスが債権額は総額約456億円と伝えているのに対し、今回の売却を終えて、440億円の日本円を手元に持っていることになります。

 

つまり、マウントゴックスは民事再生に切り替える方針で、そのために必要な日本円をほとんど用意した。

資料を読んだ人しかわかりませんが、それが今回の売却の理由のようです。

 

さぁ、これでほぼ資金も集まったわけだし、マウントゴックスがこれ以上ビットコインを大規模売却する可能性は低いんじゃないでしょうか。

少なくとも、今のところは。

 

小林弁護士がこれまで「ビットコイン売却」を明かさなかったのは、売り圧力があると思われたくないから

このタイミングで「ビットコイン売却」を明らかにしたのは、民事再生への切り替えに必要な資金をほぼ確保したから

 

こういうことじゃないでしょうか。

暴騰紹介したブルームバーグに加え、こちらのサイトなどでも、今後マウントゴックスのBTCが徐々に売却されていくような事を言っていて、僕の意見と全く異なるのですが、どちらが正しいのでしょう(笑)

そろそろ最終決着へ?

映画の「完」のイラスト

そんなこんなで、マウントゴックス事件は(ようやく)決着が見えてきた感じです。

今後の最高の流れとしては、

  • マウントゴックスのビットコイン売却は、これで(ほとんど)終了
  • 今回の資金をもとに、債務はとりあえず円建てで満額返還
  • 残ったビットコインは、債権者の債権額に応じて配分

そんな感じに、出来る限りベストな形でマウントゴックス事件が最終決着へ進むといいと思います。

破産管財人に対する個人攻撃はどうかと思う

破産管財人の小林弁護士が、一部から「勝手にコインを売るな」と非難されてます(笑)

また、売り方が下手くそだとも。

 

僕もマウントゴックスにビットコインを預けていましたが、やっぱり返却はビットコインでお願いしたいというのが本音です。

税金のこともあるし、仮想通貨には今後も期待しているし。そして、他の人も同様の考えが多いと思います。

 

ただ…

民事再生に移すために必要な日本円を手に入れるために仮想通貨を売却しているのだとしたら、僕はOKです。

民事再生への移行すらできなかったら、意味がないですからね。

とにかく、僕は今回の件、素直に応援したいと思います〜。

いそっち

読んでいただきありがとうございました。
ツイッターもやっているので、よかったらフォローをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。