AltLife(アルトライフ)とはなにか?

アルトライフ


いそっち

こんにちは、いそっちです。
ライフスタイルについてのブログをやっています。

ブログのタイトルでもある「AltLife(アルトライフ)」という言葉の意味について、話したいと思います。

AltLifeは、このブログを管理するmayが考えた言葉で、「これまでの当たり前の暮らしとは、別の生き方を歩みたい」という思いが込められています。

こんな告白に意味は無いかもしれませんが、「今の生活を変えてみたい」「自分自身の殻を破れていない」と思っている同年代の方々には、何かしら参考になるかもしれないと思い、AltLifeについて書いてみました。

このブログの中から、何かヒントを見つけてもらえたらうれしいな、と思います。

AltLifeとは

音楽ジャンルの「オルタナロック」は、「今までとは別のロック」。Alternativeは、「もう一つの、型にはまらない」という意味の言葉です。

AltLifeは、このブログのタイトルでもあり、僕とmayが考える「新しい生活スタイル」を表す言葉でもあります。

その生活スタイルとは、Alternativeの言葉通り、

今までと違う生活、かつての型にはまらない生活

を指します。

ただし 僕は、自分たちのやりたい生き方を闇雲にAltLifeと言っているのではありません。そこにはもちろん、一貫した考え方があります。

「ミレニアル世代」のライフスタイル

「ミレニアル世代」という言葉をご存知ですか?

「ミレニアム=2000年」以降に大人になった世代。つまり、現在30代以下の世代をミレニアル世代と呼ぶそうです。

(世代のことを指すときは、ミレニア「ル」という風に呼ぶそうです)

ミレニアル世代は、物心付いたときからネットやPCに囲まれ、スマホ・SNSなどとともに成長してきました。

そのためか、ミレニアル世代の人たちの価値観は、それ以前の人たちと明らかに異なるそうです。

僕もmayも、「シェアハウスに住み」、「仮想通貨に投資し」、「会社に属さず生きていきたい」と考えています。

実は、そうした僕らの生き方は、ミレニアル世代特有の生活スタイルを、そっくりそのまま踏襲しているようなんです。

自分たちが発信しよう

ここで、思いました。

僕たちは、ミレニアル世代の皆を代表して、新しい生き方を模索しているのかも知れない、と。

そういう立場として、

「同世代の人たちに、新しいライフスタイルについて、提案していかなければいけない」

「上の世代の人たちに、この世代の考え方について、伝えていかなければならない」

と、勝手に決めてしまったのです。

そうやって、このブログの中で、ライフスタイルについて書いていくという結論に行き着きました。

AltLifeの具体例

AltLifeの具体例と言っても、自分たちの生活スタイルについて書いているだけですが、以下のことをあげてみます。

新しい「投資」仮想通貨など
新しい「住み方」シェアハウスなど
新しい「旅」ゲストハウス活用など
新しい「語学学習」外国人の友達を作り、相互に学ぶなど

なぜこんなことを考えるようになったのか。

AltLifeが生まれた経緯

このブログは当初、「仮想通貨の情報サイト」でした。

でも……

いそっち

ブログ楽しい〜!
私もやりたい!

may

僕たちには共通の趣味や考え方がありました。それが、シェアハウスだとか、旅行に対する興味だとか。

そんな自分たちの考え方について、書きたいね、と一致団結したのです。

そうやって、新しいブログの構想が固まっていきました。それが3ヶ月ほど前。

 

その共通点は何か、と考えて、やはり「この時代ならではの感じ」を抱きました。

その時、仮想通貨についても、立派な「新しい時代の生活スタイル」の1つじゃないかということを思いました。

全てのジャンルを一緒くたにした一つのブログという形になりました。

AltLifeに共通するもの

以前、シェアハウスと仮想通貨ってなんか共通点あるよね、という記事は書きました。

仮想通貨とシェアハウス仮想通貨が僕のシェアハウスを侵食中……仮想通貨とシェア文化が馴染む3つの理由

AltLifeな生き方というのは、それぞれ似ているところがあると思います。

例えば、

・「共感」や「コミュニティ」を重視する

・ネットやスマホがあるからこそ、リアル体験を大切にする

・ファッションやデザインを大切にする

AltLifeの素晴らしい所

究極的には、自分がAltLifeだと思ったものがAltLifeです。

ただし、全体に共通する考え方として、「より楽しむこと」や「オープンであること」があげられると思います。

AltLifeでなくてもいい

僕の感覚では、シェアハウスに招いた人の10人に9人が、こういう住み方良いね、と言ってくれます。

その中で、「本当に住んでみたい」と心から思っているように見える人は、10人中1〜2人くらい、という印象です。

合う、合わないがあります。

今までの生活がいい人はそれでいい。

ただし、既存の生活スタイルが自分に合わないと思ったら、AltLifeという生き方を覗きに来てほしいです。

 

まとめ

AltLifeな生き方をする人は、年々増えていくと思います。

スマホやネットに慣れた人が、どんどん成長して大人になっているからです。

僕は会社をやめた後、「1人で生きていこう」と思ってから、すごく清々しい気持ちになりました。

【日記】いそっちの自己紹介

「自分の生き方は『AltLife』なんだ」と思えば、自分の生きる喜びが見いだせる気がします。そこにAltLifeの本質がある気がします。

いそっち

読んでいただきありがとうございました。
ツイッターもやっているので、よかったらフォローをお願いします。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。